会社概要
Geneticfactor とは、プレンツェルシリーズに配合されている再⽣因⼦の原料名です。

再⽣因⼦とは幹細胞を培養する過程で、培養液中に幹細胞から発現される100 種類以上の⽣理活性物質(タンパク質)の総称をしめす⾔葉で、2011年に株式会社クオリーメンが再⽣因⼦と命名しました。

再⽣因⼦投与は、幹細胞移植と同等の効果を得られるという事がわかっています。細胞を使わない安全な技術として、既に医療現場で臨床研究が進んでいます。クオリーメンの再⽣因⼦は、細胞株の樹⽴、細胞のウイルス検査、培養、充填、加⼯と製造販売までの管理全てを、⽇本国内のグループ会社で⾏います。

トレサビリティ管理の元、⾼品質で安全性の担保された唯⼀の製品です。EGF(エピダーマルグロスファクター)や、FGF(ファイブロブロストグロスファクター)など単⼀の成⻑因⼦では不可能と⾔われていた、細胞と組織の修復を、再⽣因⼦として使う事により可能になると期待されています。また、再⽣因⼦は細胞を使わないため造腫瘍性や拒絶反応の問題もクリアしています。

株式会社Quarrymen&Beautyの化粧品は世界で唯一、細胞株の樹立から、製造、販売まで日本国内のグループ会社で行っています。
原料
プレンツェルの主原料であるジェネティックファクターは、ブタ由来幹細胞を培養後、遠心分離によりとりだした大変貴重な上澄み液からつくられます。また、成長因子に代表されるEGFのほとんどは液体培養なのに対し、ジェネティックファクターは接地培養しています。
安全性
ジェネティックファクターは、ブタ由来幹細胞を国内の医療レベルのクリーンルームで培養し、ウィルスフリーテストをはじめ医療と同レベルの数多くの検査を行い、安全性テストをクリアしているので安心してお使いいただけます。最先端の研究所からうまれたものだからこそ今までの化粧品ではできなかった壁を超えました。
品質管理
ジェネティックファクターは、クオリティコントロールされた原料を用い、化粧品製造レベルをはるかに超えた、厳しい管理基準を持ったクリーンルーム内で凍結乾燥機を用いての製造を行なっています。通常熱処理するのが一般的な化粧品の滅菌処理ですが、ジェネティックファクターはタンパク質のため、凍結乾燥することで高品質を担保しています。


Copyright © Quarrymen&Beauty Inc. All rights Reserved.